LaTeX2HTML 日本語化パッチ開発版のページ (Japanese)

目次

  1. 開発版の日本語化パッチについて (11/04 2015 更新) [Update]
  2. 開発版の日本語化パッチ
  3. 注意、その他 (11/04 2015 更新) [Update]

LaTeX2HTML のページへ戻る

開発版の日本語化パッチについて

現在の開発版日本語化パッチ (jp1.10beta, jp2.1beta) は、 以下の 2 種類があります。

jp1.9, jp2.0 以前よりもオリジナルの仕様に近い形になっていますが、 そのため今までのパッチとは異なる挙動を示す場合があります。 よって、しばらくはこのまま開発版 (ベータ版) として 改良を続けていくことにしたいと思います。

使用法等についてはドキュメントをご覧ください。 また、パッチの変更箇所等については、 README.patch-jp-pre の更新履歴をご覧下さい。

なお、jp1.10beta の利用について、 ドキュメント README.patch-jp-pre に誤りがありました。 詳しくは、「注意、その他 (11/22 2012)」 を参照してください。
(09/19 2005; 11/06 2006; 10/03 2008; 11/22 2012 修正)

目次へ戻る

開発版の日本語化パッチ


日本語化パッチ本体


目次へ戻る

latex2html 本体

現在の開発版パッチが仮定している、 latex2html 本体の最新版を以下に置きます。

目次へ戻る

謝辞

latex2html 97.1 の頃より武藤@Debian プロジェクト さんの日本語化 パッチをありがたく使わせて頂いています。また、色々な助言を頂いたり、 今回のパッチの公開にも快く応じて頂きました。 この場を借りてお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

高久 雅生 (masao@ulis.ac.jp) さんから footnote の文字化けの修正と jsarticle, jsbook スタイルへの対応に関するパッチを頂きました。 どうもありがとうございました。

児玉@神戸高専 (kdm@kobe-kosen.ac.jp) さんから j-article, j-report に対する不具合の報告と jbook, j-book, ascmac スタイルへの対応に関するパッチを頂きました。 どうもありがとうございました。

kawafuji@msk.minolta.co.jp さんから latex2html-2K.1beta の revision に関する不具合の報告と 自作のスタイルファイルに関する不具合の報告を頂きました。 どうもありがとうございました。

山縣@ぶらっとホーム (yamagata@plathome.co.jp) さんから latex2html-2002 に対する日本語化パッチの報告とその不具合に対するパッチ、 Red Hat Linux での日本語化パッチの採用の報告、 Slackware Linux 用の日本語パッケージに関する情報、 および latex2html-2002-2 に関する動作の報告を頂きました。 どうもありがとうございました。

Vine Linux の開発メンバーから Q and A Q.2 に関して、 Vine Linux の開発 tree に含まれる latex2html-2002 の rpm に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

鈴見咲君高 (suzumizaki@excite.co.jp) さんから この WWW ページの間違いや HTML 4.01 への対応に関する報告、 HTML4 における文字コードの扱いに関する情報、 ご自身で公開されている WWW ページに関する情報などを頂きました。 どうもありがとうございました。

研究室の山岡薫さんとの共同作業で、latex2html の日本語化パッチと CJK package との問題点に関する情報が得られました。 どうもありがとうございました。

SUGIMOTO Sadahiro (ixtl@utmc.or.jp) さんから 日本語版の latex2html の FreeBSD の新しいパッケージに関する 情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

NOMURA Masataka (nomura@maritime.kobe-u.ac.jp) さんから Q and A Q.8 に関する情報や 具体的な perl コードなどの情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

seiji さんから 奥村さんの TeX Q&A のページに書いた、RedHat Linux 9 に含まれる latex2html に関する修正に対する動作報告 (奥村さんの掲示板の 23730 の記事参照) や RedHat Linux に関する情報などを頂きました。 どうもありがとうございました。

Yasufumi Haga (yasufumi.haga@nifty.com) さんから Q and A Q.6 に関する情報を頂きました。 なお、Yasufumi Haga さんは latex2html のマニュアルの日本語訳も 公開しておられます。 どうもありがとうございました。

市橋卓司 (takuji-ngy@umin.ac.jp) さんから jsarticle で graphicx パッケージを使用した際、取り込んだ EPS 画像が 切れる問題に関する情報、 および 、latex2html 実行時に graphicx パッケージをサポートしない警告が 出る問題に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

Koji Harada さんから \fbox{} で数式を囲んだ場合の数式番号がずれる問題に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

山本昌志さん (www.ipc.akita-nct.ac.jp) さんから more_amsmath.perl のバグに関する情報と 修正パッチに関する動作確認の報告、 および Linux ではデフォルトの設定で 日本語化されていない dvips が使われてしまう問題に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

迫田誠治さん (sakoda@cc.nda.ac.jp)、および 「TeX Q&A 掲示版」 で松浦孝範さんから、 Linux 上の latex2html の日本語化パッチの機能が デフォルトで有効になっている件に関する情報を頂きました。 さらに松浦さんは、日本語化パッチの当たった latex2html を別名コマンド (jlatex2html) へ修正する作業も行なわれました。 どうもありがとうございました。

「TeX Q&A 掲示版」 上で本田さんから、 数式内の日本語の最後が切れてしまうという情報を頂きました。 またそれに対する回答を同じ掲示板上で角藤さんから頂きました。 どうもありがとうございました。

「TeX Q&A 掲示版」 上で栗山さんから、 Vine 版の latex2html では l2h (wrapper スクリプト) がうまく動かない、 という情報、およびその対処法、 内部で起動する dvips に -Ppdf がついている場合の詳しい情報、 amsmath パッケージを使用した場合の情報等を頂きました。 どうもありがとうございました。

「TeX Q&A 掲示版」 上で角藤さんから、 内部で起動する dvips に -Ppdf がついている場合の詳しい情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

「TeX Q&A 掲示版」 上で T.WATANABE さんから、 MS-Windows での latex2html の設定ファイルの問題に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

「TeX Q&A 掲示版」 上で takashina さんから、 MS-Windows での latex2html の作業ディレクトリに 空白が含まれている場合の問題に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

「TeX Q&A 掲示版」 上で Ken さんから、 JavaScript 用の行を HTML ファイルに追加する場合の問題に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

鷹合@金沢工大 (takago@neptune.kanazawa-it.ac.jp) さんから、 MS-IE で真っ白なページが表示されることがある問題とその修正パッチを頂きました。 どうもありがとうございました。

「TeX Q&A 掲示版」 上で 人の注意の聞けないユーザーさんから、 \symbol コマンドの変換の問題と $EQNO_WIDTH が必要な場合に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

佐野香さんから、MS-Windows 上で which に関するエラーが出る問題と MS-Windows 版の gs に関する情報を頂きました。 どうもありがとうございました。

若松久仁光さん (harmos2@yahoo.co.jp) から、 Mac OS X (10.6) 上の UTF-8 環境で 1.10beta 系パッチを使用した場合の 文字化けの情報と、2.1beta 系パッチでの動作報告を頂きました。 どうもありがとうございました。

目次へ戻る

注意、その他

ここに、現在の開発版の日本語化パッチに関する注意、その他をあげていきます。


目次へ戻る
LaTeX2HTML のページへ戻る
作成日: 11/04 2015
竹野茂治@新潟工科大学 (shige@iee.niit.ac.jp)