115.40.2 Postscript fontfile


     set term postscript ... fontfile {add|delete} <filename>

オプション fontfile または fontfile add は 1 つのファイル名を引数 として持ち、そのファイルを postscript 出力内にカプセル化して埋め込み、 それによって様々な文字列要素 (ラベル、目盛り見出し、タイトル等) をその フォントで出力することを可能にします。オプション fontfile delete も 1 つのファイル名を引数に持ち、そのファイル名をカプセル化されるファイル のリストから削除します。

postscript 出力ドライバはいくつかのフォントファイル形式を認識します: ASCII 形式の Type 1 フォント (拡張子 ".pfa")、バイナリ形式の Type 1 フ ォント (拡張子 ".pfb")、TrueType フォント (拡張子 ".ttf")。pfa ファイ ルは直接認識されますが、pfb と ttf ファイルは gnuplot の実行中に並行し て変換され、そのために適切な変換ツール (下記参照) がインストールされて いる必要があります。ファイル名は拡張子も含めて完全な形で指定する必要が あります。各 fontfile オプションはちょうど一つのフォントファイル名に 対応しますので、複数のフォントファイルを埋め込むためにはこのオプション を複数回使って下さい。

フォントファイルを見つけるための検索順は以下の通りです。 (1) 絶対パス名、または現在の作業ディレクトリ (カレントディレクトリ) (2) set loadpath で指定したディレクトリのすべて (3) set fontpath で指定したディレクトリ (4) 環境変数 GNUPLOT_FONTPATH に指定されているディレクトリ 注意: これは、従来の版の gnuplot からの仕様の「変更」です。

埋め込まれたフォントファイルを使うには、フォント名 (通常ファイル名と同 じではありません) を指定する必要があります。対話モードで fontfile オ プションを使ってフォントを埋め込んだ場合、フォント名はスクリーンに表示 されます。例:

  Font file 'p052004l.pfb' contains the font 'URWPalladioL-Bold'. Location:
  /usr/lib/X11/fonts/URW/p052004l.pfb

pfa や pfb フォントでは、フォント名はフォントファイル内に見つけること ができます。フォントファイル中に "/FontName /URWPalladioL-Bold def" の ような行がありますが、この真中の物から / を除いたものがフォント名です。 この例の場合は "URWPalladioL-Bold" となります。 TrueType フォントでは、フォント名はバイナリ形式で保存されているので見 つけるのは容易ではありません。さらに、その名前は多くの場合、Type 1 フ ォント (実行中に TrueType が変換される形式である) ではサポートされてい ない、スペースを含んだ形式になっています。そのため、フォント名はそこか らスペースを取り除いた形に変換されます。gnuplot で使うために生成された フォント名が何であるかを知る最も簡単な方法は、gnuplot を対話モードで起 動して、以下のように入力することです:"set terminal postscript fontfile '<filename.ttf>'".

フォントファイル (ttf, pfb) を pfa 形式に変換するために、フォントファ イルを読んで、そして変換結果を標準出力に吐き出す変換ツールが必要になり ます。その出力を標準出力に書き出すことができない場合、実行中の変換はで きません。

pfb ファイルに対しては、例えば "pfbtops" が使えます。それがシステム にインストールされていれば、実行中の変換はうまく行くはずです。pfb ファ イルのカプセル化をちょっとやってみましょう。もしプログラムの変換時に正 しくツールを呼び出していない場合は、どのようにツールを呼び出したら良い かを環境変数 GNUPLOT_PFBTOPFA に、例えば "pfbtops %s" のように定義し て下さい。%s はフォントファイル名に置き換えられますので、これはその 文字列に必ず必要です。

実行中の変換をしたくなくて、けれども pfa 形式のファイルは必要である場 合、"pfb2pfa" という C で書かれた簡単なツールを使えば良いでしょう。こ れは大抵の C コンパイラでコンパイルでき、たくさんの ftp サーバに置いて あります。例えば ftp://ftp.dante.de/tex-archive/fonts/utilities/ps2mf/

実際に "pfbtopfa""pfb2ps" は同じ作業を行います。"pfbtops" は結果の pfa コードを標準出力に出力しますが、"pfbtopfa" はファイルに出力します。

TrueType フォントは、例えば "ttf2pt1" というツールを使って Type 1 pfa フォーマットに変換できます。これは以下にあります: http://ttf2pt1.sourceforge.net/

もし gnuplot に組み込まれている変換手順がうまく行かない場合、変換コマ ンドは環境変数 GNUPLOT_TTFTOPFA で変更できます。ttf2pt1 を使う場合は、 それを "ttf2pt1 -a -e -W 0 %s - " のように設定して下さい。ここでも %s はファイル名を意味します。

特殊な用途のために、パイプも使えるようになっています (パイプをサポート している OS 上で)。ファイル名を "<" で始め、その後にプログラム呼び出し を追加します。そのプログラム出力は標準出力への pfa データでなければい けません。結果として pfa ファイルを、例えば以下のようにしてアクセスできることになります: set fontfile "< cat garamond.pfa"

Type 1 フォントを取り込むことは、例えば LaTeX 文書中に postscript ファ イルを取り込む場合に使えます。pfb 形式の "european computer modern" フ ォント ("computer modern" フォントの一種) が各地の CTAN サーバに置かれ ています。 ftp://ftp.dante.de/tex-archive/fonts/ps-type1/cm-super/

例えば、ファイル "sfrm1000.pfb" は、中太、セリフ付き、立体の 10 ポイン トのフォント (フォント名 "SFRM1000") です。computer modern フォントは 今でも数式を書くのに必要ですが、それは以下にあります: ftp://ftp.dante.de/tex-archive/fonts/cm/ps-type1/bluesky

これらによって、TeX 用の任意の文字も使えます。しかし、computer modern フォントは少しエンコーディングがおかしくなっています (このため、文字列 には cmr10.pfb の代わりに sfrm1000.pfb を使うべきです)。 TeX フォントの使用法はいくつかのデモの一つで知ることができます。 gnuplot のソース配布物の /docs/psdoc に含まれるファイル "ps_fontfile_doc.tex" に TeX 数学フォントの文字の一覧表が含まれていま す。

フォント "CMEX10" (ファイル "cmex10.pfb") を埋め込むと、gnuplot は 追加フォント "CMEX10-Baseline" も定義します。それは、他の文字にあうよ うに垂直方向にずらされたものです (CMEX10 は、記号の天辺にベースライン があります)。

竹野茂治@新潟工科大学
2021-06-25