104.1.1.4 Examples

行列やベクトルの操作のサブルーチン (C による) が binary.c に用意され ています。バイナリデータを書くルーチンは


     int fwrite_matrix(file,m,nrl,nrl,ncl,nch,row_title,column_title)

です。これらのサブルーチンを使う例が bf_test.c として用意されていて、 これはデモファイル demo/binary.dem 用に複数のバイナリファイルを生成 します。

plot での使用法:

   plot `a.dat` matrix
   plot `a.dat` matrix using 1:3
   plot 'a.gpbin' {matrix} binary using 1:3

これらは配列の行を描画し、using 2:3 とすれば配列の列を描画、using 1:2 は、点の座標を描画します (多分無意味です)。オプション every を適用す ることで明示的に行や列を指定できます。

例 – テキストデータファイルの配列の軸の拡大:

   splot `a.dat` matrix using (1+$1):(1+$2*10):3

例 – テキストデータファイルの配列の第 3 行の描画:

   plot 'a.dat' matrix using 1:3 every 1:999:1:2

(行は 0 から数えられるので、3 ではなくて 2 を指定します)。

Gnuplot は、array, record, format, filetype などの general バ イナリ形式を特定するようなキーワードをつけずにオプション binary を使 うことで、matrix バイナリファイルを読み込むことができます。その他の変換 用の general バイナリキーワードは、matrix バイナリファイルにも適用でき るでしょう。(詳細は、以下参照: binary general (90.2.1)。)

竹野茂治@新潟工科大学
2021-06-25