101.81 サンプル数 (samples)

関数、またはデータの補間に関するデフォルトのサンプリング数は、コマンド set samples で変更できます。個々のグラフの描画範囲 (sampling range) の変更は、以下参照: plot sampling (90.7)

書式:

     set samples <samples_1> {,<samples_2>}
     show samples

デフォルトではサンプル数は 100 点と設定されています。この値を増やすと より正確な描画が出来ますが遅くなります。このパラメータはデータファイル の描画には何の影響も与えませんが、補間/近似のオプションが使われている 場合はその限りではありません。2 次元描画については plot smooth を、 3 次元描画に関しては、以下参照: set dgrid3d (101.23)

2 次元のグラフ描画が行なわれるときは <samples_1> の値のみが関係します。

隠線処理なしで曲面描画が行なわれるときは、samples の値は孤立線毎に評価 されるサンプル数の指定になります。各 v-孤立線は <samples_1> 個のサンプ ル点を持ち、u-孤立線は <samples_2> 個のサンプル数を持ちます。<samples_1> のみ指定すると、<samples_2> の値は <samples_1> と同じ値に設定されます。 以下も参照: set isosamples (101.34)

竹野茂治@新潟工科大学
2021-06-25