101.29.3.1 例 (Examples)

日付書式の例:

x の値が、1976 年 12 月 25 日の深夜少し前の時刻に対応する秒数であると 仮定します。この位置の軸の刻みラベル文字列は、以下のようになります:


     set format x                 # デフォルトでは "12/25/76 \n 23:11"
     set format x "%A, %d %b %Y"  # "Saturday, 25 Dec 1976"
     set format x "%r %D"         # "11:11:11 pm 12/25/76"
     set xtics time format "%B"   # "December"

時刻書式の例:

日付書式指定は、秒数での時間の値を、ある特定の日の時計の時刻にエンコー ドします。よって、時は 0 から 23 まで、分は 0 から 59 までのみを動きま すが、それらの負の値は、エポック (1970 年 1 月 1 日) より前の日付に対 応します。秒数での時間の値を、時間 0 に対する相対的な時/分/秒の数値と して出力させるには、時間書式 %tH %tM %tS を使用します。-3672.50 秒の値 は以下のように出力されます。


     set format x                 # デフォルトでは "12/31/69 \n 22:58"
     set format x "%tH:%tM:%tS"   # "-01:01:12"
     set format x "%.2tH hours"   # "-1.02 hours"
     set format x "%tM:%.2tS"     # "-61:12.50"

竹野茂治@新潟工科大学
2021-06-25