101.18 等高線 (contour)

コマンド set contour は曲面の等高線を引くことを指示します。このオプ ションは splot でのみ有効です。これは、格子状データ (grid data) を必 要とします。詳細は、以下参照: grid_data (104.2)。非格子状データで等高線を描 きたい場合は、格子を生成するために set dgrid3d を使用します。

書式:

     set contour {base | surface | both}
     unset contour
     show contour

これらの 3 つのオプションは等高線をどこに引くかを指定します。base で は等高線を x/y 軸の刻みのある底面に描かれ、surface では等高線はその 曲面自体の上に描かれ、both では底面と曲面上の両方に描かれます。オプ ションが指定されていない場合は base であると仮定されます。

等高線の描画に影響を与えるパラメータについては、以下参照:set cntrparam (101.15)。等高線のラベルの制御に関しては、以下参照:set cntrlabel (101.14)

等高線のみのグラフを得るために、曲面自身の描画をしないようにすることも できます (以下参照: unset surface (101.85))。set size を使って、グラフを画 面一杯に描画することも可能ですが、そういった出力形式よりも、等高線のデ ータをデータブロックに書き出し、それを再び 2 次元データとして読み込ん で描画すればよりよい制御が可能になります:


     unset surface
     set contour
     set cntrparam ...
     set table $datablock
     splot ...
     unset table
     # 等高線の情報は今 $datablock の中にある
     set term <whatever>
     plot $datablock

等高線を描くためには、データは格子状データ ("grid data") である必要が あります。そのようなファイルでは、一つの y-孤立線上の全ての点が順に 並べられていきます。そして隣の y-孤立線上の点が順に並べられ、そして隣、 と続いていきます。y-孤立線同士を分離するには一行の空行 (空白、復帰、改 行以外の文字を含まない行) を挟みます。

set contour が有効な場合、splot with <style> で points, lines, impulses, labels 等の描画要素を等高線に沿って配置できます。with pm3d は、pm3d 曲面を生成し、さらに等高線も書きます。 set contour が有効な際に生成する等高線に、ファイルから読み込んだラベ ルなどのその他の描画要素も混ぜたい場合は、splot コマンド内のその命令の 後ろにキーワード nocontours を追加しないといけません。

以下参照: splot datafile (104.1)

以下も参照してください。 等高線のデモ (contours.dem)

および ユーザ定義レベルの等高線のデモ (discrete.dem).

竹野茂治@新潟工科大学
2021-06-25