101.15.1 Cntrparam の例 (cntrparam examples)

例:
     set cntrparam bspline
     set cntrparam points 7
     set cntrparam order 10

以下はレベルの基準が合えば 5 個のレベルがに自動的に選択されます:

     set cntrparam levels auto 5

以下は .1, .37, .9 にレベルを設定します:

     set cntrparam levels discrete .1,1/exp(1),.9

以下は 0 から 4 まで、1 ずつ増やすレベルを設定します:

     set cntrparam levels incremental  0,1,4

以下はレベルの数を 10 に設定します (増加の最後の値 (end) または自動で 設定されるレベルの数は変更されます):

     set cntrparam levels 10

以下はレベルの数は保持したままレベルの開始値と増分値を設定します:

     set cntrparam levels incremental 100,50

以下はカスタマイズした等高線の線種群を定義し、使用します:

     set linetype 100 lc "red" dt '....'
     do for [L=101:199] {
         if (L%10 == 0) {
             set linetype L lc "black" dt solid lw 2
         } else {
             set linetype L lc "gray" dt solid lw 1
         }
     }
     set cntrparam firstlinetype 100
     set cntrparam sorted levels incremental 0, 1, 100

等高線を描く場所の制御に関しては、以下参照: set contour (101.18)。等高線のラ ベルの書式と線種の制御に関しては、以下参照: set cntrlabel (101.14)

以下も参照してください。 等高線のデモ (contours.dem)

および ユーザ定義レベルの等高線のデモ (discrete.dem).

竹野茂治@新潟工科大学
2021-06-25