101.3.1 Noextend


    set autoscale noextend

デフォルトでは、自動縮尺機能は軸の範囲の限界を、描画データ全体を含む、 最も近い目盛りラベル位置に設定します。キーワード fixmin, fixmax, fix, noextend は、次の目盛り位置までの範囲の自動拡大を gnuplot に 行わせないようにします。その場合軸の範囲の限界は、一番端にあるデータ点 の座標値に完全に一致します。set autoscale noextend は、 set autscale fix と同じです。軸の範囲指定コマンドの後ろにキーワード noextend を追加すれば、一つの軸の範囲の延長機能だけ無効にすることも できます。例:

    set yrange [0:*] noextend

set autoscale keepfix は、fix の設定を変更せずに残したまま、すべての 軸を自動縮尺にします。

竹野茂治@新潟工科大学
2021-06-25