115.40.4 Postscript adobeglyphnames

この設定は、UTF-8 エンコーディングでの PostScript 出力にのみ関係します。 これは、0x00FF より大きい Unicode エントリポイント (つまり Latin1 集合 外のすべて) の文字を記述するのに使われる名前を制御します。一般に、 unicode 文字は一意の名前を持たず、それは unicode 識別番号しか持ちませ ん。しかし、Adobe は、ある範囲の文字 (拡張ラテン文字、ギリシャ文字等) に名前を割り当てる推奨規則を持っています。フォントによってはこの規則を 利用しているものありますし、そうでないものもあります。gnuplot はデフォ ルトでは Adobe グリフ名を使用します。例えば、ギリシャ文字の小文字のア ルファは /alpha となります。noadobeglyphnames を指定した場合、この文 字に対して gnuplot は代わりに /uni03B1 を使おうとします。 この設定でおかしくなったとすれば、それはその文字がフォント内にあるにも かかわらずそれが見つからない場合です。Adobe フォントに対しては、デフォ ルトを使うのが常に正しいかもしれませんが、他のフォントでは両方の設定を 試してみないといけないかもしれません。以下も参照: fontfile (115.40.2)

竹野茂治@新潟工科大学
2021-03-26