104.1 データファイル (datafile)

plot と同じように、splot でファイルからグラフを生成できます。

書式:

     splot '<file_name>' {binary <binary list>}
                         {{nonuniform} matrix}
                         {index <index list>}
                         {every <every list>}
                         {using <using list>}

"""-" といった特別なファイル名も plot と同様に許されます。以下参照: special-filenames (90.3.9)

手短にいうと、binarymatrix はそのデータが特別な形であることを、 index は多重データ集合ファイルからどのデータ集合を選んで描画するかを、 every は各データ集合からどのデータ行 (部分集合) を選んで描画するかを、 using は各データ行からどのように列を選ぶかを指定します。

indexevery オプションは plot の場合と同じように振舞います。 using も、using のリストが 2 つでなく 3 つ必要であるということを 除いては同様です。

plot のオプションである smoothsplot では利用できません。しか し、cntrparamdgrid3d が、制限されてはいますが平滑化のために用 意されています。

データファイルの形式は、各点が (x,y,z) の 3 つ組である以外は、本質的にplot と同じです。もし一つの値だけが与えられれば、それは z として使わ れ、ブロック番号が y として、そして x はそのブロック内での番号が使われ ます。もし 2 つ、あるいは 4 つの値が与えられれば、gnuplot はその最後 の値を pm3d plot での色の計算に使います。3 つの値は (x,y,z) の組と見な されます。他に値があれば、それは一般に誤差と見なされます。それは fit で使うことが可能です。

splot のデータファイルでは、1 行の空行はデータのブロック分離子です。 splot は個々のブロックを、関数の y-孤立線と同じものとして扱います。 1 行の空行で分離されている点同士は線分で結ばれることはありません。全て のブロックが全く同じ点の数を持つ場合、gnuplot はブロックを横断し、各 ブロックの対応する点同士を結ぶ孤立線を描きます。これは "grid data" と 呼ばれ、曲面の描画、等高線の描画 (set contour)、隠線処理 (set hidden3d) では、この形のデータであることが必要となります。以下も参照: splot grid_data (104.2)

3 列の splot データにおいては、媒介変数モード (parametric) を指定 することはもはや不要です。


Subsections
竹野茂治@新潟工科大学
2021-03-26