101.98 Ttics

コマンド set ttics は、極座標グラフの周囲に目盛り刻みをつけます。そ れは、set border polar とした場合は境界になりますが、そうでなければ 極座標格子の、r 軸に沿って最も右端の刻みの場所に書かれる最も外側の円周 になります。以下参照: set grid (101.30), set rtics (101.80)。角の位置は、常に度の単 位でラベル付けされます。現在の角の範囲の設定 (trange) に関係なく、同心 円全体に刻みラベルをつけることができます。刻みラベルが必要な範囲の設定 は、下に示す例のようにしてください。刻みに関する追加属性を設定すること もできます。以下参照: xtics (101.120)


    set ttics -180, 30, 180
    set ttics add ("Theta = 0" 0)
    set ttics font ":Italic" rotate

竹野茂治@新潟工科大学
2021-03-26