101.60.3 円 (circle)

書式:
   set object <index> circle {at|center} <position> size <radius>
       {arc [<begin>:<end>]} {no{wedge}}
       {<other-object-properties>}

円の位置は、中心を指定し、その後ろに半径を指定します。キーワード atcenter は同じ意味です。2 次元グラフでは、位置と半径は任意の座標系 で指定できます。以下参照: coordinates (13)。3 次元グラフの円にはグラフ座 標は使えません。そのどの場合でも、半径は軸、グラフ、スクリーンの水平方 向の縮尺に対して計られ、水平方向と垂直方向の縮尺にずれがあっても、結果 が常に正しく円になるように直されます。円をグラフの座標で描きたい (つま り水平軸と垂直軸のスケールが違う場合にはそれが楕円として表示されるよう にしたい) 場合は、代わりに set object ellipse を使ってください。

デフォルトでは、完全な円が描画されます。オプションの arc に開始角と 終了角を度を単位として指定すると円弧を描画します。円弧は、常に反時計回 りに描かれます。

以下も参照: set style circle (101.84.8), set object ellipse (101.60.2)

竹野茂治@新潟工科大学
2021-03-26