8.1 コマンドラインオプション (command line options)

gnuplot は、コマンドラインで以下のオプションを受けつけます:
    -V, --version
    -h, --help
    -p, --persist
    -d, --default-settings
    -s, --slow
    -e  "command1; command2; ..."
    -c  scriptfile ARG1 ARG2 ...

-p は、プログラムの終了時に、残っている対話型グラフウィンドウを一切閉 じないよう gnuplot に指示します。

-d は、各ユーザ用、およびシステム用の初期化 (以下参照: initialization (p. [*])) を一切行わないよう gnuplot に指示します。

-s は、起動時のフォントの初期化をゆっくり待つように指示します。そうで ないと、エラーを表示し、不正なフォントサイズ情報で動作を継続します。

-e "command" は、次に進む前に指定した単一のコマンドを実行するよう gnuplot に指示します。

-c は、-e "call scriptfile ARG1 ARG2 ..." と同等です。以下参照: call (p. [*])

竹野茂治@新潟工科大学
2020-05-27