27 文字列定数、文字列変数、文字列関数 (Strings)

文字列定数に加えて、ほとんどの gnuplot コマンドは文字列変数、文字列式 または文字列を返す関数も受け付けます。例えば、以下の 4 つの plot のやり方は結果として全て同じ描画タイトルを生成します:


     four = "4"
     graph4 = "Title for plot #4"
     graph(n) = sprintf("Title for plot #%d",n)


     plot 'data.4' title "Title for plot #4"
     plot 'data.4' title graph4
     plot 'data.4' title "Title for plot #".four
     plot 'data.4' title graph(4)

整数は、それが文字列結合演算子 (文字 '.') によって作用された場合は、文 字列に変換されますので、以下の例も上と同様に動作します:


     N = 4
     plot 'data.'.N title "Title for plot #".N

一般に、コマンドラインの各要素は、それらが標準的な gnuplot への命令文 法の一部分と認識されるもの以外は、有効な文字列変数としての評価のみが行なわれます。よって、以下のコマンド列は、恐らくは混乱を引き起こさないように避けられるべきですが、文法的には間違ってはいません:


     plot = "my_datafile.dat"
     title = "My Title"
     plot plot title title



Subsections
竹野茂治@新潟工科大学
2020-04-28