115 外部ライブラリ (External libraries)

外部ライブラリ GD (PNG/JPEG/GIF/sixelgd 出力形式、pixmap で使用): バージョン 2.0.33 までの libgd には、Adobe の Symbol フォントの文字の マッピングに関するいくつかのバグがありました。また、アンチエイリアスさ れた線分がキャンバスの上の角と交わる場合に、ライブラリがセグメンテーシ ョンフォルトを引き起すこともありました。

外部ライブラリ PDFlib (pdfcairo ではない PDF terminal で使用): gnuplot は libpdf のバージョン 4, 5, 6 のいずれかをリンクできます。し かし、これらはバージョンによってパイプされた入出力の処理が違っています ので、パイプを使って PDF を出力する gnuplot スクリプトは、PDFlib のあ るバージョンでだけしかちゃんと動かないかもしれません。

国際化 (ロケールの設定): gnuplot は、入出力の数、時刻、日付文字列のロケールに依存した書式の制御 を、C ランタイムライブラリに含まれる setlocale() を用いて行うので、ロ ケールの有効性や、ロケール機能のサポートのレベル (例えば数字の 3 桁毎 の区切り文字など) などは、あなたのコンピュータが提供する国際化のサポー トの度合いに依存します。

外部ライブラリ libcerf のバージョン 1.8, 1.9, 1.10 は、voigt 関数の不 正な結果を返すので、使わないでください。

竹野茂治@新潟工科大学
2020-04-28