113.57 Svg

このドライバは W3C SVG (Scalable Vector Graphics) フォーマットを生成し ます。

書式:

     set terminal svg {size <x>,<y> {|fixed|dynamic}}
                      {mouse} {standalone | jsdir <dirname>}
                      {name <plotname>}
                      {font "<fontname>{,<fontsize>}"} {{no}enhanced}
                      {fontscale <multiplier>}
                      {rounded|butt|square} {solid|dashed} {linewidth <lw>}
                      {background <rgb_color>}

ここで <x><y> は生成される SVG グラフのサイズですが、dynamic は svg ビューワに描画のリサイズを許し、fixed は絶対サイズを要求します (デフォルト)。

linewidth <w> は図の中で使用される全ての線の幅を因子 <w> だけ増加さ せます。

<font> はデフォルトとして使われるフォント名 (デフォルトでは Arial)、 <fontsize> はポイント単位でのフォントサイズ (デフォルトは 12) です。 svg ビューワソフトは、そのファイルの表示の際には別の代用フォントを使う ことになるでしょう。

拡張文字列処理 (enhanced) モードの書式指定は、他の出力形式の場合と同じ です。詳細は、以下参照: enhanced (p. [*])

オプション mouse は、マウストラッキング機能と、対応する key 上でクリ ックすることでそれぞれのグラフの描画を On/Off にする機能をサポートを追 加することを gnuplot に指示します。デフォルトではローカルディレクトリ、 通常は /usr/local/share/gnuplot/<version>/js 内のあるスクリプトを指すリ ンクを取り込むことで行われますが、オプション jsdir に別のローカルディ レクトリか、通常の URL を指定することでこれは変更できます。SVG 画像を Web ページに入れるのであれば、普通は後者の URL の方を指定します。一方で オプション standalone は、マウス操作プログラムを SVG 文書自体に埋め込 み、外部リソースへのリンクは行いません。

SVG ファイルを何かの外部ファイルと組み合わせて利用したい場合、例えばそ れがある Web ページや親文書の javascriptコードから参照されているような 場合、他の SVG グラフへの参照との衝突を避けるために一意的な名前が必要に なります。その場合はオプション name を使って固有の名前を確保してくだ さい。

竹野茂治@新潟工科大学
2020-04-28