111 Vfill

書式:
    vfill FILE using x:y:z:radius:(<expression>)

コマンド vfill は、それがグラフを生成する代わりに現在有効なボクセル 格子データを変更する以外は、コマンド plot と同様に作用します。入力フ ァイルから読み込んだ各点に対して、その点を含むボクセル、及び中心が (x,y,z) で指定半径 (radius) の球に含まれるその他すべてのボクセルが以下のように増やされます:

例:
    vfill "file.dat" using 1:2:3:(3.0):(1.0)

このコマンドは、file.dat 内の各点の半径 3.0 の球の中にあるすべてのボク セル値を 1 増やします。

例:

    vfill "file.dat" using 1:2:3:4:(VoxelDistance < 1 ? 1 : 1/VoxelDistance)

このコマンドは、各点の 4 列目で決まる半径の円内のすべてのボクセル値を 変更します。各ボクセルに追加される増分値は、データ点からの距離に従って 減少します。

vfill は、現在のボクセル格子の存在する値を常に増加させることに注意し てください。それらの値を 0 にリセットさせるには、vclear を使用してく ださい。

竹野茂治@新潟工科大学
2020-04-28