99.29 軸の刻み書式 (format)

座標軸の刻みの見出しは、コマンド set format または set tics format または個別にコマンド set {軸}tics format で書式を設定できます。

書式:

     set format {<axes>} {"<format-string>"} {numeric|timedate|geographic}
     show format

ここで、<axes> (軸) は x, y, xy, x2, y2, z, cb、または何 も指定しないか (その場合その書式はすべての軸に適用されます) のいずれか です。以下の 2 つのコマンドは全く同等です:

     set format y "%.2f"
     set ytics format "%.2f"

書式文字列の長さは 100 文字まで、と制限されています。デフォルトの書式 文字列は "% h" で、LaTeX 系の出力形式では "$%h$" です。他に "%.2f""%3.0em" のような書式が好まれることも多いでしょう。"set format" の後ろ に何もつけずに実行すると、デフォルトに戻します。

空文字列 "" を指定した場合、刻み自身は表示しますが見出しはつけません。 刻み自身を消すには、 unset xtics または set tics scale 0 を使用し てください。

書式文字列では、改行文字 ( \n) や拡張文字列処理 (enhanced text) 用のマ ークアップも使えます。 この場合は、単一引用符 (') でなく (") を使って ください。以下も参照: syntax (p. [*])"%" が頭につかない文字はそのまま表示されます。よって、書式文字列内にスペースや文字列などを入れることができます。例えば "%g m" とすれば、 数値の後に " m" が表示されます。"%" 自身を表示する場合には "%g %%" の ように 2 つ重ねます。

刻みに関するより詳しい情報については、以下も参照: set xtics (p. [*])。また、 この方法で出力される数字にデフォルト以外の小数分離文字を使うやり方については、以下参照: set decimalsign (p. [*])。 以下も参照。 エレクトロン (電子) デモ (electron.dem).



Subsections
竹野茂治@新潟工科大学
2020-04-28