56 Spiderplot

クモの巣グラフ (spiderplot) は、本質的に、平行座標描画 (parallel axis) で、その軸を垂直方向ではなく放射状に配置したものです。これはよく「レー ダーチャート」(rader chart) とも呼ばれます。gnuplot 内部では、これは コマンド set spiderplot で確立される座標系での作業が必要となりますが、 これは偏角座標が平行軸番号によって暗黙に決まることを除けば set polar に似ています。見た目や、ラベル付け、軸の目盛りの配置は、set paxis で 制御できます。このスタイルのさらなる設定は、set style spiderplotset grid、および plot コマンドの個々の指定で行えます。

各クモの巣グラフは、列データではなく行データに対応するため、通常の方法 での凡例 (key) タイトルの生成は意味がありません。代わりに、描画要素が タイトル文字列を持っていれば、その文字列を対応する軸のラベルに使用しま す。これは、事前の set paxis n label "Foo" をすべて上書きします。凡 例にタイトルを配置するには、個別の keyentry コマンドを使用するか、ま たは using 指定で key(column) を使って入力ファイル列から文字列を展開 する方法が使えます。

以下の図は、軸が 5 つのクモの巣グラフで、それぞれ 5 つの点数で特徴付けられる複数のものを比較するのに使います。$DATA の各行は、グラフ上に新し い多角形を生成します。

Image figure_spiderplot


    set spiderplot
    set style spiderplot fs transparent solid 0.2 border
    set for [p=1:5] paxis p range [0:100]
    set for [p=2:5] paxis p tics format ""
    set             paxis 1 tics font ",9"
    set for [p=1:5] paxis p label sprintf("Score %d",p)
    set grid spiderplot
    plot for [i=1:5] $DATA using i:key(1)



Subsections
竹野茂治@新潟工科大学
2020-04-28