113.58 Svga

古い (legacy) 出力形式です。svga ドライバは SVGA グラフィックの PC を サポートします。これは、通常は DJGPP のみでコンパイルされ、GRX グラフィ ックライブラリを使用しますが、Windows 32bit 用の変種もあり、それは主に デバッグ用です。ベースになるライブラリは、X11 や Linux コンソール、SDL もサポートしていますが、現在それらのターゲットはサポートしていません。

書式:

     set terminal svga {font "<fontname>"}
                       {{no}enhanced}
                       {background <rgb color>}
                       {linewidth|lw <lw>}
                       {pointscale|ps <scale>}
                       {fontscale|fs <scale>}

enhanced オプションにより、拡張文字列処理のサポートが有効になります。 以下参照: enhanced text (p. [*])。拡張文字列内でのフォントサイズの変更は現在は サポートしていないことに注意してください。よって、上付き、下付き文字も 同じサイズになります。

パラメータ linewidth は線の幅を拡大します。パラメータ pointscale は point 記号の拡大率を設定します。ビットマップフォントを拡大するには、 fontscale を使うことができます。それは高解像度ディスプレイを使ってい る場合は有用でしょう。 整数倍の拡大率が最も良い結果を生むことに注意してください。

竹野茂治@新潟工科大学
2020-02-25