113.2 Aqua

この出力形式は Mac OS X 上の表示に関する AquaTerm.app に依存しています。

書式:

     set terminal aqua {<n>} {title "<wintitle>"} {size <x> <y>}
                       {font "<fontname>{,<fontsize>}"}
                       {linewidth <lw>}"}
                       {{no}enhanced} {solid|dashed} {dl <dashlength>}}

<n> は描画するウィンドウの番号 (デフォルトでは 0) <wintitle> はタイトルバーに表示される名前 (デフォルトは "Figure <n>"), <x> <y> は描画サイズ (デフォルトは 846x594 pt = 11.75x8.25 インチ) です。

使用するフォントは <fontname> で指定し (デフォルトは "Times-Roman")、 フォントサイズは <fontsize> で指定します (デフォルトは 14.0 pt)。

aqua 出力形式は、拡張文字列処理モード (enhanced text mode; 以下参照:enhanced (p. [*])) を、重ね書き以外はサポートしてます。フォントの使用はシステ ムで有効なフォントに制限されています。文字エンコーディングは、 set encoding で選択できますが、現在は iso_latin_1, iso_latin_2, cp1250 と UTF8 (default) をサポートしています。

曲線は、実線か点線 (デフォルトは実線) のいずれかで描画でき、点線の間隔は 倍率 <dashlength> (>0) で変更できます。

竹野茂治@新潟工科大学
2020-02-25