99.122 Xy 平面位置 (xyplane)

set xyplane コマンドは 3D 描画で描かれる xy 平面の位置を調整するのに 使われます。後方互換性のために、"set ticslevel" も同じ意味のコマンドと して使うことができます。

書式:

     set xyplane at <zvalue>
     set xyplane relative <frac>
     set ticslevel <frac>        # set xyplane relative と同等
     show xyplane

set xyplane relative <frac> は、xy 平面を Z 軸の範囲のどこに置くかを 決定します。<frac> には、xy 平面と z の一番下の位置との差の、z 軸の範 囲全体に対する割合を与えます。デフォルトの値は 0.5 です。負の値も許さ れていますが、そうすると 3 つの軸の目盛りの見出しが重なる可能性があり ます。

もう一つの形式である set xyplane at <zvalue> は、現在の z の範囲を気 にすることなく、指定した z の値の位置に xy 平面を固定します。よって、 x,y,z 軸を共通の原点を通るようにするには、set xyplane at 0 とすれば いいことになります。

以下も参照: set view (p. [*]), set zeroaxis (p. [*])

竹野茂治@新潟工科大学
2020-02-25