12 座標系 (Coordinates)

コマンド set arrow, set key, set label, set object はグラフ上 の任意の位置が指定できます。その位置は以下の書式で指定します:


     {<system>} <x>, {<system>} <y> {,{<system>} <z>}

各座標系指定 <system> には、first, second, polar, graph, screen, character のいずれかが入ります。

first は左と下の軸で定義される x,y (3D の場合は z も) の座標系を使用 します。second は x2, y2 軸 (上と右の軸) を使用します。graph はグ ラフ描画領域内の相対的位置を指定し、左下が 0,0 で 右上が 1,1 (splot の 場合はグラフ描画領域内の左下が 0,0,0 で、土台の位置は負の z の値を使用 します。以下参照: set xyplane (p. [*])) となります。screen は表示範囲内 (範 囲全体であり、set size で選択される一部分ではありません) を指定し、 左下が 0,0 で 右上が 1,1 となります。character 座標は主にずれを指定 するのに使用し、絶対的な位置を示すものではありません。character の水 平、垂直サイズは、現在使用しているフォントに依存します。

polar は、最初の 2 つの値を、x, y ではなく、角 theta と半径 r である と解釈します。これは、例えば 2 次元の極座標、あるいは 3 次元円柱座標で のグラフにラベルを配置するのに役に立つでしょう。

x の座標系が指定されていない場合は first が使われます。y の座標系が 指定されていない場合は x に対する座標系が使用されます。

与える座標が絶対的な位置ではなくて相対的な値である場合もあります (例え ば set arrow ... rto の 2 番目の数値)。そのほとんどが、与えられた 数値を最初の位置に対する差として使います。与えられた座標が対数軸内にあ る場合は、その相対的な値は倍率として解釈されます。例えば


     set logscale x
     set arrow 100,5 rto 10,2

は、x 軸が対数軸で y 軸が線形の軸なので、100,5 の位置から 1000,7 の位 置への矢印を書くことになります。

一つ (あるいはそれ以上) の軸が時間軸である場合、timefmt の書式文字列に従って、引用符で囲まれた時間文字列で適切な座標を指定する必要があります。以下参照: set xdata (p. [*]), set timefmt (p. [*])。また、gnuplot は整数表記も 認めていて、その場合その整数は 1970 年 1 月 1 日からの秒数と解釈されま す。

竹野茂治@新潟工科大学
2020-02-25