98 Save

書式:
     save  {functions | variables | terminal | set | fit | datablocks}
           '<filename>' {append}

どれも指定しなかった場合は、gnuplot は、ユーザ定義関数、ユーザ変数、 set で設定するオプション、一番最後に実行した plotsplot コマン ドの全てを保存します。set termset output の現在の状態は、コメ ントとして書き出します。

保存ファイルにはテキスト形式で出力し、それは load コマンドで読み込む ことができます。

save terminal は、terminal の状態を、コメント記号をつけずに書き出 します。これは主に、ちょっとの間だけ terminal の設定を入れ替え、その 後保存しておいた terminal の状態を読み込むことで以前の terminal の設定に戻す場合などに役立ちます。ただ、単一の gnuplot セッションでは、現 在の terminal を保存/復元する他の方法であるコマンド set term pushset term pop を使う方がむしろいいかもしれません。以下参照:set term (p. [*])

save variables は、すべてのユーザ変数を書き出しますが、データブロッ クと内部変数 GPVAL_* GPFUN_* MOUSE_* ARG* は書き出しません。

save fit は、直近の fit コマンドで使用した変数のみを保存します。そ の保存ファイルは、後で via キーワードを使うことで fit コマンドの初期 化用のパラメータファイルとして利用できます。

ファイル名は引用符に囲われていなければなりません。

特別なファイル名 "-" により save コマンドに標準出力に出力させること ができます。popen 関数をサポートするようなシステム (Unix など) では、 save の出力をパイプ経由で他の外部プログラムに渡すことができます。その 場合、ファイル名としてコマンド名の先頭に '|' をつけたものを使います。 これは、gnuplot とパイプを通して通信するプログラムに、gnuplot の内 部設定に関する首尾一貫したインターフェースを提供します。詳細は、以下参照: batch/interactive (p. [*])

例:

     save 'work.gnu'
     save functions 'func.dat'
     save var 'state.dat'; save datablocks 'state.dat' append
     save set 'options.dat'
     save term 'myterm.gnu'
     save '-'
     save '|grep title >t.gp'

竹野茂治@新潟工科大学
2020-02-25